肌の3大保湿因子

美容

体の中でコラーゲンを合理的につくるために、コラーゲン配合ドリンクをチョイスする時は、一緒にビタミンCも加えられているものにすることがキモになってくるわけです。
どんなに評判のいい化粧品でも、説明書に記載の適正な量を厳守することにより、効果が期待できるのです。用法・容量を守ることによって、セラミド配合の機能性美容液の保湿能力を、極限まで強めることができるわけです。
肌の質につきましては、ライフスタイルやスキンケアで変化してしまうこともよくあるので、安心なんかできないのです。危機感が薄れてスキンケアを簡単に済ませたり、堕落した生活をするなどはやめた方がいいです。
化粧水が肌を傷めるという人もいるくらいなので、トラブルなどで肌状態がいつもと違うと感じたときは、できるだけ使わない方が肌のためにもいいです。肌が不健康な状態にある時は、美容液だけかあるいはクリームだけを塗るようにした方がいいです。
若返りの効果が見込めるということで、このところプラセンタサプリメントが流行っています。色々な薬メーカーから、種々の品目数が売られています。
多種多様な食材に入っている天然成分のヒアルロン酸は、高分子のため、経口で体内に入っても思うように血肉化されないところがあるみたいです。
入浴後は、お肌の水分が大変蒸発しやすいコンディションでなっているのです。風呂あがりから20~30分ほどで、入浴前よりも肌の水分が消えた俗にいう過乾燥の状態になるのが通例です。お風呂に入った後は、できるだけ10~15分以内に潤いを贅沢に与えましょう。
根本的なお手入れのスタイルが適正なものであれば、扱いやすさや塗布した時の感じが好みであるというものを選択するのがベストだと思います。価格に釣られずに、肌に負担をかけないスキンケアに取り組みましょう。
スキンケアにないと困る基礎化粧品であれば、手始めに全てのアイテムがセットになっているトライアルセットで、1週間程度試してみたら、肌への影響もしっかりチェックできることと思われます。
有用な働きを有するコラーゲンだとしても、歳をとるごとに質量ともにダウンしていきます。コラーゲンが減ると、肌のモッチリ感は減り、年齢を感じさせるたるみに発展していきます。
第一段階は、トライアルセットを使ってみましょう。真に肌にとって安心なスキンケア化粧品であるのかを判定するためには、何日間か利用し続けることが重要だと言えます。
意外に自分の肌質を知らなかったり、不適切なスキンケアのための肌状態の悪化や度重なる肌トラブル。肌に効果があると信じて継続していることが、反対に肌にストレスを与えているかもしれません。
アトピー性皮膚炎の研究と向き合っている、かなりの数の臨床医がセラミドを気に掛けているように、肌の3大保湿因子の1つであるセラミドは、かなり肌が弱いアトピー性皮膚炎に罹患している方でも、全然OKと教えて貰いました。
「サプリメントにすると、顔の肌に限らず全身の肌に効用があって理想的だ。」というように口コミする人もいて、そういった点でも効果のある美白サプリメント等を使っている人も多くなっているのだそうです。
外部ストレスからお肌を保護する役目を担う角質層に蓄えられている水分につきまして申し上げると、2~3%ほどを皮脂膜、およそ18%を天然保湿因子、それ以外の約80%ほどについては、セラミドなる角質細胞間脂質のおかげで保持されております。

乾燥小ジワの予防のためにできること

美容

更年期障害の不定愁訴など、体調の変化に悩む女性が使用していたプラセンタではありますが、服用していた女性のお肌が知らぬ間にハリや弾力を取り戻してきたことから、肌が綺麗になれる優れた美容効果のある成分だということが知られるようになったのです。
シミやくすみを抑えることを念頭に置いた、スキンケアの対象と考えられるのが、皮膚の最も外側にある「表皮」です。ですので、美白を見据えるのであれば、何はともあれ表皮に効果抜群のケアを主体的に実施していきましょう。
セラミドと言いますのは、皮膚の一番外側の層である角質層に内在している保湿成分です。従ってセラミドが混合された高機能の化粧水や美容液は、素晴らしい保湿効果があるとのことです。
お風呂から出たあとすぐは、お肌の水分がものすごく失われやすいのです。出てから20~30分ほどで、お風呂に入る前よりも肌の水分が奪われた過乾燥状態というものになります。お風呂に入った後は、10~15分以内に思う存分潤いを補填してあげたいものです。
人気の美白化粧品。化粧水やクリーム等色んな種類があります。そんな美白化粧品の中でも、重宝するトライアルセットを主なものとし、ちゃんとトライしてみて実効性のあるものをご案内しております。
ちょっと前から流行っている「導入液」。洗顔後一番最初に付けるので「プレ化粧水」等といった呼び方をされることもあり、美容マニアの間においては、早くから定番コスメとして重宝されています。
空気が乾燥してくる秋あたりは、より肌トラブルの発生しやすいシーズンで、乾燥を未然に防ぐために化粧水は必須です。だからと言っても正しい使い方を理解していないと、肌トラブルの発端にもなり得ます。
手については、意外と顔と比べると日々の手入れをおろそかにしていませんか。顔は化粧水や乳液をつけて保湿に努めているのに、手はあまり意識しないようです。手の老化スピードは早いですから、後悔する前に策を考えましょう。
何も考えずに洗顔をすると、そのたびに肌に元からあった潤いを取り去って、著しく乾燥してキメが粗くなりザラザラ肌になってしまうことも。顔を丁寧に洗った後は速やかに保湿するようにして、肌の潤いをしっかりキープするようにしてください。
お肌にたっぷり潤いを持たせると、潤いの分だけ化粧のりが違ってきます。潤い作用を感じることができるようにスキンケアを実施した後、5分ほど時間を取ってから、メイクすることをおすすめします。
浸透力が強いビタミンC誘導体で期待がもたれるのが、美白なのです。細胞の深部、真皮にまで届くビタミンC誘導体には、嬉しいことに肌の代謝を促進する効能もあります。
「完全に汚れを取り除かないと」と時間を浪費して、手を抜かずに洗うことも多いと思いますが、驚くことにそれは肌にとってマイナスです。肌にないと困る皮脂や、セラミドなどの天然の保湿物質まで洗い落としてしまいます。
ヒアルロン酸含有の化粧品の働きで得られるであろう効果は、高い保湿性能による乾燥小ジワなどの予防や修繕、肌のバリア機能のフォロー等、みずみずしい肌になるためにはとても大事で、根源的なことです。
アンチエイジング効果が非常に高いことから、女性の間でプラセンタサプリメントが人気となっています。様々な製造メーカーから、種々のラインナップで登場してきており競合商品も多いのです。
自身の肌質に関して誤解していたり、不適切なスキンケアによってもたらされる肌質の不調やいわゆる肌トラブル。肌のためと思い継続していることが、余計に肌に悪影響を及ぼしているかもしれないのです。

ツヤのある肌になるためには

美容

評判の美白化粧品。化粧水、美容液など色んな種類があります。美白ケア化粧品の中で、お試し価格で購入できるトライアルセットをメインに、しっかり試してみて効果が期待できるものをお知らせします。
スキンケアの定番の順序は、言わば「水分を一番多く含有するもの」から用いることです。顔を洗った後は、はじめに化粧水からつけ、順々に油分を多く使っているものを使うようにした方がいいでしょう。
特別なことはせずに、常々のスキンケアにおいて、美白化粧品を活用するというのも悪くないのですが、プラスで美白用のサプリを摂取するのもいいと思います。
肌に不可欠な美容成分が満載の美容液ですが、正しい使い方をしないと、逆に肌トラブルを酷くてしまうこともあります。添付されている使用説明書をきっちりと理解して、指示通りの使い方をするようにしてください。
肌内部のセラミドが潤沢にあって、肌を守る働きのある角質層がベストな状態であれば、砂漠にいるような乾燥の度合いの強い場所でも、肌はしっとりしたままでいられるみたいです。
スキンケアに外せない基礎化粧品であれば、取っ掛かりとして全てのアイテムがセットになっているトライアルセットで、一週間ほど使ってみれば、肌にどんな効果をもたらすかもしっかり見定められると断言します。
シミやくすみを防ぐことを念頭に置いた、スキンケアの核となってくるのが「表皮」ということになるのです。従いまして、美白をゲットしたいのなら、まずは表皮に効果のあるお手入れをしっかりとしていきましょう。
年々コラーゲンが少なくなってしまうのはなんともしようがないことであるため、その事実に関しては腹をくくって、どんな手段を使えば維持できるのかについて知恵を絞る方が利口だと言えます。
美肌に「うるおい」は欠かすことのできないものです。初めに「保湿が行われる仕組み」を把握し、意味のあるスキンケアをすることによって、柔軟さがある美しい肌を実現させましょう。
美容液は、もともと乾燥しすぎないように肌を保護し、保湿成分を補充するものです。肌に無いと困る潤いを供給する成分を角質に浸み込ませ、その上減少しないように保持する重大な役割を担います。
美肌ケアになくてはならない美容液は、肌が望む効果抜群のものを用いてこそ、その効果を見せてくれるのです。そんな意味から、化粧品に採用されている美容液成分を頭に入れることが不可欠です。
コラーゲンを体内に補うために、サプリメントを購入するという方もいるそうですが、サプリさえあれば大丈夫とは言いきれないのです。並行してタンパク質も補給することが、ツヤのある肌のためには効果があるとされています。
ヒトの細胞の中で反応性の高い化合物に変化した活性酸素が生み出されると、コラーゲンを生成する工程を抑止してしまうので、若干でも強い陽射しを浴びただけで、コラーゲンを生み出す能力は下降線をたどってしまうことが研究でも明らかです。
一気に多量の美容液を付けたところで、それほど効果は変わらないので、2回か3回にして、きちんとつけましょう。目の周辺や頬の辺り等、乾燥して粉を吹きやすいエリアは、重ね付けが有効です。
体の中のコラーゲンの量というのは、20歳ごろを境にゆっくりと下降線をたどり、60代では75%ほどに減ってしまいます。歳を取るとともに、質も悪くなっていくことが指摘されています。

保湿の限界

美容

試さずに使って残念な結果だったら、お金をドブに捨てるようなものですから、今回が初めてという化粧品を買う前に、まずトライアルセットを手に入れて検証するという手順をとるのは、とてもいいやり方です。
美容に関する様々な作用を持つプラセンタには、お肌の若々しさやしっとり感を守る役目を担う「コラーゲン」であるとか「ヒアルロン酸」が包含されています。元来肌が持つ保水力が向上し、潤いとお肌の反発力が出てくるでしょう。
幅広い食品に包含されるヒアルロン酸ですが、分子が大きい分、体の中に摂り込んだとしても割りと消化吸収されないところがあるということです。
肌の質に関しては、生活サイクルやスキンケアで違ってくることも珍しくないので、慢心することは厳禁です。気抜けしてスキンケアを行なわなかったり、規則正しくない生活をするなどは良くないですよ。
スキンケアにおける美容液は、肌が要する効き目のあるものを与えてこそ、その価値を示してくれるものです。そのためにも、化粧品に含有されている美容液成分を頭に入れることが重要になってきます。
肌に欠かすことのできない美容成分が詰め込まれた美容液ですが、使用方法を失敗すると、余計に肌トラブルを酷くする恐れがあります。付属の説明書を確実に読んで、指示通りの使い方をするべきでしょう。
注目の美白化粧品。化粧水に美容液、そしてクリーム状のものなど多岐にわたります。これらの美白化粧品の中でも、金銭的負担がほとんどないトライアルセットを中心的なものとし、自分の肌に塗って評価に値するものを発表しています。
肌に水分を与えただけでは、満足に保湿するには限界があるのです。水分を貯め込み、潤いを保つ肌に不可欠な成分である「セラミド」を今のスキンケアに付け加えるというのも簡単で効果があるやり方です。
年齢が上がるにつれて、コラーゲン量が減って行くのは致し方ないことであるため、そこのところは了承して、どうすれば保ち続けることができるのかについて対応策を考えた方がいい方向に行くのではないでしょうか。
美白肌を望むなら、化粧水に関しては保湿成分に美白の効能を持つ成分がブレンドされているものをチョイスして、洗顔し終わった後の清らかな肌に、たくさん浸み込ませてあげるのが良いでしょう。
紫外線に起因する酸化ストレスが災いして、柔軟さと潤いがある肌を維持する働きをするコラーゲン並びにヒアルロン酸の量がダウンすると、年を積み重ねることによる変化と一緒で、肌の衰えが促されます。
カサカサの乾燥肌の要因の一つは、顔を洗いすぎることによって肌にとって重要な役割を担う皮脂を取り過ぎてしまったり、水分を適切に補えられていない等といった、不適正なスキンケアにあるのです。
一気に大盛りの美容液をつけても、さほど変わらないので、何回かに分けて、着実に肌に浸み込ませていきましょう。目元や頬等、潤いが不足しやすいパーツは、重ね塗りが望ましいです。
セラミドの潤い機能に関しては、肌の小じわや肌荒れをよくする作用を持ちますが、セラミドを製造する際の原材料が高価格なので、それを使った化粧品が高くなることも否めません。
美容液とは、乾燥から肌を保護し、保湿成分を補完する意味合いがあります。肌に無くてはならない潤いをプラスする成分を角質層に送り、尚且つ蒸散しないようにつかまえておく肝心な働きがあります。

美肌には「潤い」がマスト

美容

美肌には「潤い」はマストです。初めに「保湿の重要性」を頭に入れ、適正なスキンケアを実行して、瑞々しさのある素敵な肌を叶えましょう。
はじめは週に2回位、慢性的な症状が緩和される2~3か月後頃からは週1くらいのパターンで、プラセンタ注射剤の注射を受けるのが適切であると考えられています。
美しい肌の基本にあるのは何と言いましても保湿です。水分や潤いが十分な肌は、キメが均一に整っていて透明感があり、見た目に悪いシワやたるみなどがなかなかできないようになっているのです。いつだって保湿を心掛けたいものです。
化粧水の成分が肌を傷つけるケースがよく見られるので、肌に違和感があって調子が良くない時は、できるだけ使わない方がいいのです。肌トラブルで敏感になっている際は、美容液のみもしくはクリームのみをつかってケアしたほうがいいでしょう。
ベーシックなお肌のお手入れ方法が正しいものなら、使用してみた感じや塗り心地が良好なものを選定するのがやっぱりいいです。高いか安いかに左右されずに、肌に負担をかけないスキンケアを忘れないようにしましょう。
人工的に作り出した 薬剤の機能とは違い、生まれつき有している自己治癒力を促すのが、プラセンタの威力です。ここまで、全く重篤な副作用の指摘はないそうです。
手に関しましては、相対的に顔とは反対に手入れをする習慣がないのでは?顔は化粧水や乳液をつけて保湿を怠らないのに、手の保湿は放置しているケースが案外多いのです。手の老化は一瞬ですから、後悔する前に対策することをお勧めします。
有名なプラセンタには、お肌のピンとしたハリや色つやを保持する働きをする「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が入っています。お肌の保湿能力が改善され、しっとりとした潤いとハリが蘇るでしょう。
セラミドと言われるものは、肌の一番外側に位置する角質層に保有される保湿成分であることから、セラミドが配合された美肌のための化粧水や美容液は、とても優れた保湿効果をもたらすと言えるでしょう。
保湿成分において、何よりも高い保湿力を持つ成分がセラミドだとされています。どれだけ乾燥している所に赴いても、お肌の水分を守るサンドイッチ構造で、水分を保持しているというのが主な要因でしょう。
実際どれだけ化粧水を取り入れても、勘違いをした顔の洗い方をしていては、丸っきり肌の保湿は得られないですし、潤いも不足してしまいます。身に覚えのある方は、何よりもまず顔の洗い方の見直しを考えましょう。
ビタミンAというものは皮膚の再生を補助し、ビタミンCというものはコラーゲンの生成支援を行う働きがあります。単純にいえば、いろいろと存在するビタミンも肌の潤いの保持には欠かせないものなのです。
真皮という表皮の下部に存在して、美肌のもとであるコラーゲンを産生する主な細胞が繊維芽細胞というものです。動物の胎盤を原料とするプラセンタは、繊維芽細胞に影響を与え、コラーゲンの産出を補佐しているのです。
毎日のように徹底的にスキンケアを実践しているのに、あいかわらずという場合があります。その場合、不適切な方法で常日頃のスキンケアをしているかもしれないのです。
肌に含有されているセラミドが十分にあり、肌のバリアとなる角質層が健康な状態であれば、砂漠にいるような湿度が異常に低いところでも、肌は潤いを保てるのです。

コラーゲン入り飲料を買う時の注意点

美容

肌に含まれているセラミドが十二分にあり、刺激から肌を守る役割を果たす角質層がベストな状態であれば、砂漠にいるような湿度が非常に低い地域でも、肌は水分をキープできることがわかっています。
いい加減な洗顔をすると、洗顔のたびに肌のもともとの潤いを取り去って、乾きすぎてキメがバラバラに乱れてしまうことも。洗顔が終わったら間をおかずに保湿をして、お肌の潤いを常に継続させてください。
ほとんどの乾燥肌に苦悩している方は、「強くこすりすぎ」と「洗いすぎ」てしまうせいで、皮脂であるとか細胞間脂質、天然保湿因子というもともと存在している保湿能力成分を流し去っていることが多いのです。
化粧品を用いての保湿を実施する前に、とにかく肌の「こすり過ぎ」と「洗いすぎ」になることをやめるよう気をつけることが先であり、プラス肌が要求していることではないでしょうか。
アルコールが内包されていて、保湿作用を有する成分がない化粧水を繰り返しつけていると水分が蒸発する機会に、保湿ではなく乾燥させてしまう可能性もあります。
ちゃんと保湿をキープするには、セラミドが多量に含有された美容液が必須アイテムになります。脂質の一種であるセラミドは、美容液、それかクリームタイプのどちらかを選定すると失敗がありません。
肌の瑞々しさをキープしているのは、セラミドという保湿物質で、セラミドの量が減ってしまうと、お肌の潤いも保持されなくなり乾燥する結果となるのです。肌に水分を与えているのは化粧水なんかであるはずもなく、身体内自体にある水であることを覚えておいてください。
セラミドと呼ばれるものは、肌の一番外側にある角質層に内在している保湿成分でありますので、セラミドが混合された機能性化粧水や機能性美容液は、驚くほどの保湿効果を持っているということが言われています。
体の内側でコラーゲンを手際よく生み出すために、コラーゲン入り飲料を買う時は、ビタミンCも併せて添加されている品目にすることがキーポイントなので成分をよくチェックして選びましょう。
この頃人気がうなぎ昇りの「導入液」。古い角質を拭き取って化粧水などの浸透力を高めることから「拭き取り美容液」等といった名前でも売られていて、美容マニアと言われる方々の間では、ずっと前から定番中の定番として重宝されています。
お肌にとって大切な美容成分がたくさん盛り込まれた美容液ですが、正しい使い方をしないと、肌の問題を悪化させることもあります。まずは取説を確実に読んで、真っ当な使い方をすることが大切です。
肌のハリや弾力のもとと なるコラーゲンは、細胞間の隙間を埋めるように存在し、各々の細胞を付着させているというわけです。年齢を重ね、その機能が鈍くなると、気になるシワやたるみのもととなるということが明らかになっています。
加齢に従い、コラーゲン量が低減していくのは免れないことだから、その部分は了承して、どうやれば維持できるのかを念頭に置いた方がいいと思われます。
入浴後は、水分がとても逃げやすい時なのです。出てから20~30分ほどで、お風呂に入る前よりも肌の水分量が下がった過乾燥とよばれる状態になります。お風呂から出た後は、絶対に10~15分以内に思う存分潤いをプラスしてあげてください。
いっぺんに沢山の美容液を塗り込んでも、無駄なだけなので、2、3回に分けて僅かずつ肌に浸透させていきましょう。目元や両頬など、いつも乾燥しているスポットは、重ね塗りをおすすめしたいと思います。

話題のコラーゲンサプリメントについて

足の臭い対策

最近では化粧品やサプリメント、ドリンクなどで手軽に“コラーゲン”を補充できるようになりました。
芸能人やモデルさんも摂取されている話題のサプリメントについて詳しく見ていきたいと思います。

【種類】
たくさんの種類のサプリメントが出ていますがどのようなタイプのものがあるのでしょう?

●ゼリータイプ・・・グレープフルーツ味やりんご味などがついていておやつ感覚で摂取でき、最近人気のあるサプリメントです。
●ドリンクタイプ・・・以前は匂いや味が気になっていましたが、現在は飲みやすく改良されています。ですが、お値段が高めなところがあり継続が難しいです。
●粉末タイプ・・・飲み物や食べ物に混ぜて摂取していきます。難点は、タイミングを逃しがちなところです。
●タブレットタイプ・・・嫌な味などを感じることなく摂取ができます。持ち運びも便利でいつでも摂取できるので飲み忘れるということがあまりありません。

いくつかあるタイプの中で美味しくおやつ感覚で楽しめる「ゼリータイプ」といつでもどこでも手軽に摂取できる「タブレットタイプ」が継続できておススメなのではないでしょうか。

【効果・効能】

■肌への効果
加齢によるお肌の衰え、ハリ・弾力をアップさせたり、肌荒れを防ぎ保湿効果があります。
また、お肌のターンオーバーの活性化を促してくれるので、美白効果にも期待できます。

■関節への効果
関節を支える軟骨は、グルコサミンやコンドロイチンなどと“コラーゲン”が主成分になっています。
膝や腰をはじめとする関節痛の原因は、おもに軟骨にあり、加齢とともに軟骨がすり減ってしまうと、骨同士がぶつかり合って痛みを感じるようになります。
コラーゲンは関節にかかる負荷をクッションのように吸収して関節のなめらかな動きをサポートしてくれます。

■血管への効果
血管の大部分が“コラーゲン”でできています。
血管には絶えることなく小さな傷が生じていてコラーゲンはその傷も修復する作用を持ち、ケガでのキズの修復効果にも機能してくれます。

その他にも、老眼予防や眼精疲労改善などの目への効果や、薄毛・抜け毛・白髪の防止や髪を太くするという毛髪への効果など様々な効果があります。

“コラーゲン”の摂取量は、美容目的では1日5g程度で、関節炎の予防や改善には1日10g程度とされていますので、いくら身体に良いといっても大量摂取には注意し定められた量を取るようにしましょう。
このように“コラーゲン”は身体の構造上とっても大切な役割をはたしてくれます。
年齢とともに減少していくコラーゲン不足をサプリメントで補って健康な身体づくりをしていきたいものです。

肝臓が元気を取り戻す!サルフェート水でデトックス!

足の臭い対策

□サルフェート水とは。
 最近何かと注目を浴びている水素水、皆さんは飲まれたことはありますか?デトックス効果や抗酸化作用があるとされ、健康に良い水として飲まれる方が多いようです。では、この水素水がどういう風に健康に作用するのか、詳しく見ていきましょう。
 デトックス効果や抗酸化作用は、主に「サルフェート」と言われる物質を体内に取り込むことで起こります。サルフェートとは、ナトリウムやカルシウムなど、様々なミネラルが結合した無機化合物です。ミネラルの一種であるため、温泉水やミネラルウォーターにも含まれています。
 このサルフェートは優れた利尿作用を持ち、老廃物を排出させる力が強いため、むくみの解消にも役立ちます。
 そして、このサルフェート、解毒作用と利尿作用がある為、体に入る殆どの物質を代謝している臓器である、肝臓にとって、とても有効に働きます。サルフェートは、アンモニアの代謝を妨げる、便秘の解消にも効果があり、毒素を正しく体外に排出させることで、肝硬変やそれに伴う肝臓がんの予防にも繋がります。
 お酒を良くお飲みになる方にとって、サルフェート、並びに水素水は大変有効です。

□サルフェートのメリット・デメリット。
 水素水やミネラルウォーターに多く含まれるサルフェート、解毒作用や抗酸化作用などに、とても友好的ですが、摂取しすぎによる副作用はあるでしょうか?ここではサルフェートのメリットに加え、デメリットについても説明していきます。
 サルフェートは、実は食品にも含まれており、普通の水や、ジャガイモなどにも水素水に及ばないながらも含まれています。そんな中で、大量の水素水を飲むことは、体にとってどんな影響をもたらすでしょうか?
水素は厚生労働省にも認められている健康食品ですので、基本的にデメリットは無いのですが、上記したように、便秘解消作用を持っているため、飲み過ぎた場合、お腹を壊してしまう場合があります。このような症状が現れた場合、水素水に加え、サルフェートの摂り過ぎを疑いましょう。しかし下痢の症状は、悪玉菌を体外に排出する際に起きる反応ともされているため、あまり気にしなくても良いようです。
 サルフェートは、優れたデトックス作用だけでなく、悪玉菌除去による優れた抗酸化作用があり、ビタミンCやD、などのような抗酸化物質とは異なり、悪玉活性酸素のみを体外に排出してくれるため、抗酸化能力も極めて優れていると言えます。
 
□まとめ
 サルフェートは強力な解毒作用、抗酸化作用があることを見てきましたが、どちらも体外に不必要であったり、悪影響を与えたりするものを排出させる、肝臓に関わる働きです。なのでサルフェートは、美容にも非常に効果的ですが、お酒をよく飲まれる方、二日酔いに悩まされている方にとって、とても強い味方と言えます。

食べた翌日は、お肌がプルプルになるっ!

美容

高い美容効果で女性に大人気のすっぽんには、良質なコラーゲンが含まれており、アンチエイジングに効果的な食品です。

アンチエイジングに効果的なすっぽん

豚などに含まれる動物性コラーゲンには、脂肪もセットでついてくることから、女性や中高年の男性が食べるには、どうしても尻込みをしてしまいます。そして魚に含まれる海洋性コラーゲンは、熱に弱く、料理として口に含むときには成分が壊れてしまい、本来の効果を発揮してくれません。

その一方で、甲羅の縁(エンペラ)に多く含まれるすっぽんのコラーゲンは、熱にも強く、成分の効果を失うことなく、食べることができます。まるで若返ったかのような潤いを実感できるのは、それが理由です。

コラーゲンの効果とは?

コラーゲンは、アンチエイジングの王様のような存在ですが、美容効果が大きく2つあります。

・美肌
・美白

乾燥したお肌やくすんだ表情は、実年齢よりも老けて見える原因となってしまいますが、コラーゲンを摂取することで、お肌に弾力を与えて、潤いが生まれます。そしてハリとツヤのある表情が、若々しく、美しい見た目をつくってくれるのです。

アミノ酸も豊富!

コラーゲンは体内で分解、そして再合成してから効果を発揮する成分で、その再合成を助けるものとして「アミノ酸」があげられます。なんと、すっぽんはこのアミノ酸も豊富に含んでいることから、コラーゲンの効果を最大限に活かしてくれる食品なのです。

「すっぽんを食べると元気がでる!」と言われるのも、この豊富なアミノ酸が関係しています。

「お肌に塗る」よりも、内側からの美容を!

化粧品にはコラーゲンを配合したものが多数ありますが、表面に塗るだけではお肌の奥まで浸透せずに、著しい効果が得られないことがほとんど。それよりも食品やサプリメントを摂取することで、内側から美容することが効果的です。

まるでアンチエイジングのために存在しているかのような食品、すっぽんを定期的に食べることで、女性に嬉しい効果が沢山ありますよ!

足の臭いを効果的に抑える靴のはき方のひと工夫

足の臭い対策
c98687353128900c5f0c921696904fda_s

足の臭いは、靴が原因でおきることがあります。まちがった靴選びをやめ、靴のメンテナンスを正しく行うことで、足の臭いを最小限に抑えることも可能です。

足を臭くしないために、靴について気をつける大きなポイントは2つあります。まずは足のサイズにあった靴を選ぶことです。次に同じ靴を連続して毎日ははかないことです。

サイズのあわない靴が問題なのは、足に不必要な力が加わり汗を多めにかくからです。大きすぎるサイズの靴をはいていると、足が靴のなかで動き、摩擦でふだんより多くの汗が足の裏からでます。反対に小さすぎるサイズの靴をはいていると、足が締め付けられます。圧迫されつづけているとい、足の神経が緊張し、いつもより多くの汗が分泌されます。

汗で蒸れた靴のなかでは、臭いをだす雑菌がすぐに繁殖します。できるだけ足の汗を抑えることが、足の臭いをなくし、靴への臭いうつりを防ぐうえで大切です。自分の足のサイズにあったストレスの少ない靴をはいていれば、足の裏からの汗を最小限に抑えることもできます。

同じ靴を連日はいてはいけない理由は、1晩くらいでは靴のなかがまだ十分に乾燥していないからです。湿度の高い靴をはき続けると、足の裏と靴のなかにすぐに雑菌が繁殖して臭くなります。

前日はいたときに染みこんだ汗を完全になくすには、最低でも1日は日陰干しをする必要があります。日にあてていい素材なら、天日干しがさらに効果的です。すぐにはける靴をいつも3、4足そろえ、同じ靴を毎日はく必要がないようにしましょう。

とくにブーツのように密閉性の高い靴は、毎日続けてはいてはいけません。靴のなかにこもった湿度を追い出すために、ブーツは念入りに乾燥させる必要があります。はかない日にも、靴用の乾燥剤をブーツのなかに入れるなどの工夫をするといいでしょう。

ひとたび雑菌の繁殖してしまった靴から、ついやな臭いをとるには時間がかかります。仕方なくはき続けていると、困ったことに靴のその臭いは足にうつります。

足と靴の両方を不快な臭いから守るには、足の裏を清潔にするだけでなく、正しい靴選びとお手入れを続けることもまたとても大切です。

女性の足の臭いをひどくするNGな靴とは

足の臭い対策
サンダル

足の臭いは男女を問わずみられます。でも女性の足の臭いは、女性特有の靴に原因があることが多いといえます。いくつかのポイントに気をつけるだけで、女性は足の不快な臭いを大きく抑えることも可能です。

女性の足を臭くする靴として、まずはハイヒール、そしてミュールやサンダルなどがあげられます。これらの靴をはく女性は、それに合った足の手入れで足の臭い対策をすることが必要です。

ハイヒールをよくはいていると足が臭くなりやすいのは、足の裏に分厚い角質ができるからです。ヒールの高い靴をはく、指の付け根とかかとには大きな圧力がかかります。この2箇所で体重を支えているうちに、そこにだけ厚い角質層ができます。

足の臭いのもとになる雑菌にとって、足の角質は大好物のエサです。ハイヒールを日常的にはきながら角質を放置していると、それをエサに雑菌が繁殖し、いやな臭いが発生することになります。

ヒールの高い靴をよくはく女性は、足の裏の角質をしっかりととるようにしましょう。皮膚が柔らかくなるバスタイムが角質ケアには最適です。ピーリング効果のある石鹸で前足部とかかとをやさしく洗うと、古い角質をきれいに取り除くことができます。軽石を使ってこするときには、力を入れすぎないように注意しましょう。

通気性がよさそうにみえるミュールやサンダルもまた、足の臭いを発生させやすい靴です。ミュールはかかと部分が大きく開いています。多くのサンダルはオープントゥなので、つま先部分が開いています。汗で湿ったかかとやつま先に外気の汚れが付きやすいため、こうした靴をはくことは足が臭う原因となります。

ミュールやサンダルをはいても臭わない足にするためには、足の裏と靴の汚れを毎日しっかりと落とすことが大切です。足専用の殺菌作用のある石鹸で、足の裏をつま先からかかとまで丁寧に毎日洗いましょう。帰宅後は、デオドラント効果のあるウェットティッシュなどでミュールとサンダルのなかを拭くことも忘れてはいけません。

女性らしい靴をはきながら臭いのない足を保つには、こまめな足と靴のケアが不可欠です。手入れのポイントを押さえて、女性独特の足の臭いの問題を解決しましょう。

足の臭いを抑えるには爪への丁寧なケアも必要

足の臭い対策
足のネイルアート

足の臭いが気になる人は、足の爪を伸ばさず適切にカットするようにしましょう。伸ばしすぎた爪は足の臭いの原因になります。臭いを抑えたい人は、2週間に1度程度は忘れず足の爪をカットすることが必要です。

伸びた足の爪が臭いの原因になるのは、爪と指の肉のあいだに汚れがたまりやすくなるからです。爪のあいだには、靴下の繊維、古い角質、皮脂や垢などの汚れがたまります。これらは雑菌のエサです。汗で足が蒸れやすい日がつづくと、爪のあいだにたまったこうした汚れをエサに雑菌はすぐに大繁殖をします。

爪を短くカットしていると、指の肉とのあいだの爪裏にすきまが少なくなり、汚れがたまりにくくなります。爪の長さに気をつけるだけでなく、できれば入浴時などに、爪専用ブラシなどで爪のあいだの掃除をすることも忘れないようにしましょう。爪ブラシがないときは、毛先の柔らかな歯ブラシで代用をしてもかまいません。

ただ足の爪の切りすぎと掃除のしすぎは禁物です。

手の爪と同じ頻度で足の爪を切ると、足の場合はすぐに深爪になってしまいます。手に比べると、足の爪は伸びるスピードが遅いからです。足の爪が伸びるスピードは、手の指の爪の3分の1程度の速さです。必要以上に短く切ることは、巻き爪や陥没爪の原因になります。

切る目安は2週間に1度ですが、爪の伸び方には個人差があることも事実です。あまり神経質にならず、伸びてきた爪が靴下にひっかかるなと感じたらカットする程度でもかまいません。大切なことは、伸びるままに放置して爪を不潔にしないことです。

汚れを取るときに、爪楊枝などで爪裏を掃除することもお勧めできません。爪楊枝などを使うと、汚れをかえって奥へ押し込んでしまうからです。こうした強すぎる刺激は、爪甲剥離症という爪が剥がれる疾患の引き金になることもあります。

自分では爪裏の汚れがどうしてもうまくとれないときは、ネイルサロンなどでプロの方に定期的にクリーニングしてもらうほうが安全です。また巻き爪などをすでにおこしている人は、皮膚科で適切な治療をうけましょう。爪の疾患は早めのケアが必要です。臭いの原因になるだけでなく、強い痛みもともなうからです。

爪を清潔に保つことは、足の臭い防止には欠かせません。足の裏をどんなに洗っても臭いがとれないと感じている人は、足の爪のケアにも注目してみてください。

食生活に和食を取り入れて足の臭いを軽減する

足の臭い対策
女性の脚

食べる物を変えることで、足の臭いを抑えることができます。足の強い臭いが気になる人は、果物、野菜、海草、豆類中心の食事にしてみましょう。西洋風の食事から和食中心の食生活に変えることで、いやな足の臭いをからだの内側から軽減することが可能です。

足の臭いの原因は、足の裏に繁殖する雑菌です。足の裏からでる汗のせいで肌が蒸れると、雑菌にとって靴の中はとても繁殖しやすい環境になります。足からでる汗自体にはふつうは臭いはありません。汗で足や靴のなかが濡れることが、悪臭をだす雑菌が増えやすい条件をつくりだすのです。

汗の量は、食事によってある程度コントロールすることができます。

汗の量が抑えられるのは、繊維質豊富な野菜、果物、海草、豆類を中心にした食事です。これらをよく使う和食中心の食事をつづけていると、でる汗の量が次第に少なくなります。

反対に汗がよくでるようになるのは、動物性油脂がたっぷり含まれた食事です。肉をよく食べる西洋人は、一般に体臭が強いといわれます。これは西洋人はファーストフードや、動物性油脂過多の食事をとっていることが原因のひとつです。こうした食事をしていると、汗腺のはたらきが活発になり、皮膚のうえで雑菌が繁殖しやすくなります。

お酒をたくさん飲む習慣のあるひとは、ふつうは無臭のはずの汗が臭うこともあります。こういう人に近づくと、なんとなくからだ中が酒臭く感じます。これは汗が臭っているからです。

お酒を飲みすぎると、アルコールは内臓で完全に分解されずに血中に溶け出します。この成分がアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドには独特の臭いがあります。血液によって全身に運ばれた臭い成分のアセトアルデヒドは、汗腺にも送られ、臭い汗となって体外へ排出されます。足の臭いが気になる人は、臭気を少しでも抑えるために、飲酒量にも気をつける必要があります。

食事内容を変えアルコールを控えて、からだの内側からも足の臭い対策を行いましょう。

足の臭いを消すには靴のなかの清潔と乾燥も大切

足の臭い対策
玄関の靴

足が臭い人は、ほかの人よりも靴をひんぱんに洗う必要があります。足の臭いの原因である雑菌は、靴のなかでも繁殖するからです。足の裏だけを清潔にしても、毎日履く靴のなかに雑菌がいると、足もまた臭くなってしまいます。臭いを消すには、足と靴の両方を清潔にすることが必要です。

スニーカーのような布タイプの靴なら、バケツのなかで丸洗いできるので便利です。足の臭いをなんとかしたい人は、できればこうした靴をふだんから履くようにしましょう。

臭いを発生させる雑菌の繁殖を抑えるには、週1回程度は石鹸で靴を洗うことが有効です。ひどく汗をかいたり、雨で靴が濡れたりしたら、その日のうちに靴をとりかえましょう。濡れて蒸れた靴は、できるだけすぐに洗ってください。夏場にほうっておくと、わずか1日でも靴のなかに雑菌が繁殖して臭いのもとになります。

石鹸は通常のものでも大丈夫です。ただ臭いをしっかり消すには、脱臭効果の高い石鹸や靴専用石鹸を使うとより効果があがります。

丸洗いのできない革靴やサンダルやパンプスのような靴は、なかを毎日ふき取るようにしてください。帰宅後だけでなく、できれは1日に2、3回は専用シートで靴のなかをふき取ると臭い対策ができます。コップ1杯程度の汗が、足の裏から毎日でています。足の裏と密着する中底の部分を念入りに拭くと、革靴やパンプスでも臭いを抑えることができます。

スニーカーでも革靴でも、臭いを消すにはなかをしっかりと乾燥させることが大切です。少しでも水分が残っていると、そこで雑菌が繁殖して臭いをだすからです。

洗ったあとのスニーカーは、天日で干したあとにドライヤーなどでなかを念入りに乾かしましょう。革靴やパンプスなどは、履かないときにはシューキーパーをつけておくと内部をすみずみまで乾かすことができます。

乾燥剤入りや脱臭効果の高い炭入りのシューキーパーも販売されています。こうしたアイテムを上手に使えば、靴の清潔を保ち、足の臭いを抑えることができます。

5本指ソックスをはいて足の臭いを軽減

足の臭い対策
靴下

ふつうのソックスよりも、5本指のソックスをはくほうが足の臭いを大きく抑えることができます。ふだん革靴やスニーカーなどをよくはく人は、ソックスを5本指のものに変えてみてはどうでしょうか。

5本指ソックスで足の臭いが少なくなる理由は、足の指のあいだからでる汗をソックスがすばやく吸ってくれるからです。足の指同士がくっついていると、汗がそこにたまり蒸れやすくなります。多湿になった足の指のあいだには雑菌が繁殖しやすく、それが足の臭いを発生させることになります。

ただの5本指ソックスでも足の臭い防止に大きな効果があります。最近は消臭効果がプラスされた商品も販売されています。足の臭いがとくに気になっている人は、消臭効果つきの5本指ソックスを試してみるといいでしょう。

5本指ソックスには水虫を予防改善する効果もあります。

水虫をおこす白癬菌という細菌もまた、汗で蒸れた靴のなかでよく繁殖します。5本指ソックスをはいて足の指のあいだをつねにサラサラにしておけば、白癬菌が増えることを防ぐことができます。

すでに水虫になっている人も、5本指ソックスは試す価値があります。5本指ソックスをはいていると、足の指と指が密着しません。水虫のできている指がとなりの指に接触しないので、5本指ソックスをはいていると水虫が広がりにくくなります。

足の臭い対策としてぜひ利用したい5本指ソックスですが、はくことがやや恥ずかしいという問題がいままではありました。5本指ソックスをはいていると水虫だと思われそうだという人もいましたし、男性はともかく女性のなかにはこういうデザインを恥ずかしく感じる人もいたようです。

しかし最近は女性用の5本指ソックスもたくさん販売されています。デザインやカラーもおしゃれなものもあり、外出するときにも気兼ねなくはいていくことができます。

それでも5本指ソックスは恥ずかしいという人のために、ふつうの靴下やストッキングのしたにはける薄手の5本指ソックスも販売されるようになりました。

こうした商品を上手に利用して、1日中靴をはいていても足をいつも清潔に保つようにしたいものです。

足の臭いとわきがの臭いの違いとは

足の臭い対策
フットバス

足の臭いの悩みについで多いのは、わきがの悩みです。とくに薄着になる夏が近づくと、足だけでなく、わきの消臭対策が欠かせない人が増えます。

とはいえ、足が臭いひとはわきがでもあるということではありません。足の臭いとわきがの臭いは、発生のメカニズムが違うからです。足対策と同じようにわきの清潔を心がけていても、わきがの臭いには効果のないこともあります。臭いを根本的に絶つには、足とわきでは、それぞれ異なった臭い対策をする必要があります。

ただ一時的な消臭のためなら、わきと足の両方に使える製品もあります。こうした製品が1つあれば、いそがしいときでも足とわきの両方の対策ができるのでとても便利です。足の臭いに困っているひとは、わきがクリーム口コミランキング|わきが対策おすすめNAVIなどのサイトから消臭クリームをチェックしてみるといいでしょう。

足の臭いは雑菌によって発生します。足の裏に集まっているエクリン汗腺から汗が大量に分泌されると、多湿を好む雑菌にとって繁殖しやすい状況になります。足が臭くなるのは、雑菌が繁殖するときにいやな臭いを出すからです。

エクリン汗腺から分泌される汗自体には臭いはありません。足が蒸れないように気をつけていれば、足の臭いは大きく抑えることができます。

わきがの原因になるのは、アポクリン汗腺から分泌される汗です。エクリン汗腺はからだ中にありますが、アポクリン汗腺はわき、陰部、へそ周辺などの限られた部分にだけ存在します。エクリン汗腺からでる汗にはもともと強い臭いがあります。成分のなかに、アンモニアや脂質が含まれているからです。

そのうえエクリン汗腺からでる汗の臭いは、強いだけでなくとても特徴的です。ほうっておくと、身近なひとにはすぐに気づかれてしまうでしょう。わきがを根本的に治すには手術しかないともいわれます。しかしまずは、においを抑える専用クリームなどで日々わきのケアすることから始めてみるといいでしょう。

それぞれの原因を正しく知り、足とわきのそれぞれの臭いを効果的に抑えていきましょう。

足の臭い対策で選ぶ消臭スプレーの条件とは

足の臭い対策
4足の靴

足の臭いが気になって仕方がない人は、即効性のある消臭スプレーを利用すると便利です。いろいろな会社から製品が発売されています。自分の好みやライフスタイルに合わせて、もっとも使いやすいスプレーを選ぶようにしましょう。

携帯のできる小型ボトルの消臭スプレーはとても便利です。家で使うだけなら大きなボトルでも大丈夫ですが、外出先でも使いたい人もいるでしょう。外出先で靴を脱ぐ機会のある人は、小型の消臭スプレーを選ぶことが大切です。

スプレーの消臭効果が持続する時間はさまざまです。朝にひと噴きしただけでは、午後からの発汗を抑えることはできないかもしれません。数時間おきにトイレなどで足の裏にシュッとスプレーをしておけば、1日中外出していても足の臭いを気にしなくてすみます。

女性の場合は、ストッキングのうえからも使えるように、ミストタイプで白い痕の残らないの消臭スプレーを選ぶと便利です。痕がなけでは、ひと噴きしたあとにパンプスを脱いで、お座敷などにも安心してあがることができます。

できれば残り香の少ない消臭スプレーを使うようにしましょう。足の消臭スプレーのなかには、臭いをごまかすために強い香料を使っている製品もあります。

不快な香りではもちろんないのですが、靴を脱ぐたびにスプレーが強く香るのは考えものです。足の臭いよりはいいとはいえ、消臭スプレーを使っていることがばれることになります。無香料のものか、せめて微香性の消臭スプレーを選ぶことをお勧めします。

消臭スプレーでは足の臭いを元から断つことはできません。ですが一時的とはいえ、ふだんの臭い対策としてはこれはとても便利なアイテムです。足を清潔に保つことを日々こころがけながら、消臭スプレーも上手に生活にとりいれていきましょう。

身近にあるもので足の臭いをすぐに消す方法

足の臭い対策
ハイヒールの足

石鹸で洗っても洗っても、足の臭いはなかなか弱くならないという人もいます。体質や靴を履く環境も関係するため、人によっては足の臭いが気にならなくなるまでかなり時間がかかることもあります。

根気よく足を洗う習慣を続けながら、即効性のある臭い対策も同時に行うことがお勧めです。足の臭いを瞬時に大きく抑えることのできる身近なアイテムを覚えておくといいでしょう。

バスタイムのあとに使うベビーパウダーは、足の抑汗対策にも効果的です。毎朝靴下を履くまえに、足の指のあいだや足の裏に、ベビーパウダーを念入りにはたいておきましょう。パウダーが汗を吸うので、長時間さらさらした足を保つことができます。靴の中が汗のせいで多湿にならなければ、いやな臭いをだす雑菌も繁殖しにくくなります。

ストッキングとパンプスの組み合わせをしている人には、足のベビーパウダーはとくに役にたつでしょう。ほとんどのストッキングは汗をまったく吸わないからです。パンプスのなかの蒸れを防ぐうえで、ベビーパウダーはおどろくほど効果を発揮します。

スーパーでも売られているミョウバンも、足の臭いをすぐに抑えてくれる便利なアイテムです。ミョウバンとは、食品の発色をよくするために使われる食品添加物です。漬物用品売り場などを探せば、ミョウバンはすぐに見つかるでしょう。

このミョウバンを溶かした水に、強い消臭効果があります。消臭用のミョウバン水の作り方はかんたんです。30グラムから50グラム程度のミョウバンを1.5リットルサイズのペットボトルにいれ、1晩そのままにします。お水は水道水でかまいません。翌日にはもう使うことができます。

ミョウバン水をスプレーボトルに移し、靴のなかや足の裏などに軽くスプレーしてください。ミョウバンにはアンモニアを中和させる作用があります。この作用のため、足や靴から漂ういやな臭いを効果的に消すことができます。

スプレーをすると靴のなかが一時的に湿ります。ですがミョウバンには殺菌作用があるため、この場合は雑菌は繁殖しません。

こうした手近なアイテムを使って、足の臭いを日ごろから予防しておきましょう。

足の臭いの原因はもしかして水虫なのか

足の臭い対策
おもしろい靴下

水虫の人は足の臭いがとても強くなるといわれています。そのため、水虫菌が足の臭いを発生させると思っている人もいるようです。

この考え方は正しくありません。水虫をおこすのは白癬菌という細菌です。白癬菌自体には臭いはありませんし、この菌が繁殖しても強い臭いを発生させることはありません。水虫の人の足が強烈に臭いのは、白癬菌が大繁殖するような環境では、臭いをだす雑菌もまた繁殖しやすいからです。

臭いを発生させる雑菌は、高温、多湿、垢などのエサが豊富にある状態で大いに増えます。この環境は、白癬菌にとってもまた住みやすい条件です。非衛生的な足の裏は、臭いをだす雑菌にとっても白癬菌にとっても、格好の棲家といえるでしょう。

虫ができている足の裏には、雑菌もまた大量に住んでいると考えて間違いありません。

水虫そのものは臭いをだしませんが、水虫が足の臭いを助長させることはあります。水虫ができると、それに対抗するために足の裏にリンパ液が通常よりも多く分泌されます。このリンパ液のために足の裏はますます多湿になり、臭いを発生させる雑菌にとっていっそう繁殖しやすい条件になります。

水虫のせいで、ほかの雑菌にとって足の裏がより住みやすい環境になるわけです。

逆にいえば、水虫を予防を心がけることで足の臭いを同時に消すことも可能です。水虫をおこす白癬菌は、じっとりと湿った環境を好みます。たとえば汗の染みこんだ靴下を履き続けている足の裏は、白癬菌と臭いをだす雑菌にとってのまたとない棲家です。

水虫予防だと思って、汗をかきやすい夏場などは1日に2度ほど靴下を取り替えるといいでしょう。

靴のなかをなるべく乾燥させておくことも、水虫と足の臭いの予防につながります。女性のパンプスや男性の革靴のなかは、水分が逃げにくく湿度の高くなりやすい環境です。靴のなかに吸湿性の高い中敷をひき、足から分泌される汗などを吸い取らせましょう。

ストッキングをよく履く女性にとって、靴のなかの中敷はとくに欠かせません。ふつうの靴下と比べると、ストッキングは汗を吸う効果がとても低いからです。中敷なしのパンプスのなかに、ストッキングを履いた足をいれていると、あっという間に足の裏は蒸れてしまいます。

清潔と乾燥を心がけておけば、水虫と足の臭いのどちらも効果的に抑えることができます。

足の臭いが気になるときはまずは重曹をためしてみる

足の臭い対策
足と泡

足のしつこい臭いを消すには、重曹を使ってみるという方法があります。キッチンの清掃などによく使われる重曹には、じつは消臭作用もあるからです。

 

重曹を足の臭い対策で使うときには、ぬるま湯をはった洗面器を用意します。使う重曹の量は、洗面器1杯のぬるま湯に対してだいたい小さじ1杯程度です。ぬるま湯に重曹をしっかりと溶かし、素足を洗面器のなかにいれてぬるま湯に浸します。ぬるま湯に足を入れている時間は、だいたい10分程度で充分です。

足の臭いが強い人は、10分以上の重曹足湯をしてもかまいません。足湯をしているときに、ブラシで足の爪の掃除をしたり、指の間をこすって洗うと消臭効果がさらにあがります。

重曹の足湯は、たまにやるだけでは大きな効果は望めません。臭いの気になる人は、毎日最低1回はこの足湯をするようにしましょう。

足の臭い消しに効果があるのは、重曹がアルカリ性だからです。

足の臭いの原因は、繁殖した雑菌がだすイソ吉草酸という成分です。イソ吉草酸が足の表面に増えることで、足から腐ったような悪臭が漂います。このイソ吉草酸は名前のとおり酸性です。イソ吉草酸は石鹸で洗ってもなかなか除去できません。しかし重曹のようなアルカリ成分を加えてイソ吉草酸を中和させれば、臭いは消えていきます。

重曹で足湯をするときに、小さじ1杯程度のお酢を加えると消臭効果があがります。お酢もまたアルカリ性だからです。そのうえお酢には強い殺菌効果もあります。重曹とお酢を加えた湯は、しつこい足の臭いを消すうえで大きな効果をあげるでしょう。

イソ吉草酸を増やさないために、足に雑菌が繁殖することを防ぐ日ごろからの努力も必要です。雑菌のエサとなるのは、垢、汗、古い角質などです。入浴時に足をすみずみまでよく洗う、爪は伸ばさない、足の指の間などを濡れたまま放置しないなどの習慣をつけるようにしましょう。汗や垢のついた靴下を、まめに履き替える努力も必要でしょう。

いやな臭いを消すには、雑菌が繁殖しにくい状態に足を変えていくことが大切です。雑菌の繁殖しづらい足になれば、イソ吉草酸の放出量も自然と少なくなって、足の臭いもだんだんと減っていきます。

ページの先頭へ